PVNは金融・販売・採掘事業の目標を早期達成

0
647

主要鉱山の生産量の減少傾向が続く中、国営ベトナム石油ガスグループ(PVN)は計画の約1ヶ月前に割り当てられる目標達成に尽力してきた。

PVNによると、2018年は国内の主要鉱山の生産量が急減しており、新設鉱山が殆ど中小規模で生産量が少ない。しかも原油価格の複雑な動向や1バレル当たりの採掘効率上昇のためのコスト削減の圧力が迫っている一年だったという。

その中、PVNは格段の努力で、2018年政府から割当てられる採掘生産量の計画の早期完成ができた。具体的に、2018年12月10日7時に、生産量113億1400万トンの2018年国内原油採掘目標を成し遂げた。

2018年12月11日15時に、(予定より21日も早く)生産量132億2600万トンの国内外での原油採掘目標が見事に達成。現在の事業実施スピーディで、PVNは2018年12月16日17時までに(予定より15日早く)、生産量96億m3の天然ガス採掘目標の達成が見込まれる。

以前、PVNは全グループの総収入、国への納税額等の財務及びビジネス目標を早期に達成した。BSR、PVGAS、PV Trans、PVEP、PVCFC、PVI等同グループの数多くの子会社も2018年生産目標も早期達成。

この業績はPVNの役員、従業員の創造的なたゆまぬ努力と、政府幹部と各省庁の厳格な指導や細心の注意に加え、同グループの内外部の効果率な連携によるものと考えられる。

コメントする

© This is source of the article

主要鉱山の生産量の減少傾向が続く中、国営ベトナム石油ガスグループ(PVN)は計画の約1ヶ月前に割り当てられる目標達成に尽力してきた。

PVNによると、2018年は国内の主要鉱山の生産量が急減しており、新設鉱山が殆ど中小規模で生産量が少ない。しかも原油価格の複雑な動向や1バレル当たりの採掘効率上昇のためのコスト削減の圧力が迫っている一年だったという。

その中、PVNは格段の努力で、2018年政府から割当てられる採掘生産量の計画の早期完成ができた。具体的に、2018年12月10日7時に、生産量113億1400万トンの2018年国内原油採掘目標を成し遂げた。

2018年12月11日15時に、(予定より21日も早く)生産量132億2600万トンの国内外での原油採掘目標が見事に達成。現在の事業実施スピーディで、PVNは2018年12月16日17時までに(予定より15日早く)、生産量96億m3の天然ガス採掘目標の達成が見込まれる。

以前、PVNは全グループの総収入、国への納税額等の財務及びビジネス目標を早期に達成した。BSR、PVGAS、PV Trans、PVEP、PVCFC、PVI等同グループの数多くの子会社も2018年生産目標も早期達成。

この業績はPVNの役員、従業員の創造的なたゆまぬ努力と、政府幹部と各省庁の厳格な指導や細心の注意に加え、同グループの内外部の効果率な連携によるものと考えられる。

コメントする