ベトナム製品への租税回避調査を強化

0
516

世界貿易機関(WTO)の統計結果を引用しながら、ベトナム商工省貿易保護局は、ベトナムからの輸出品を対象にセーフガード(緊急輸入制限)措置逃れの防止のための捜査件数が増加する傾向で11月までに19件も提起された。

捜査対象となった商品は主に鉄鋼、繊維、家庭用品、電子機器など。殆どは、措置回避の行動があり、セーフガード措置が適用されるべきだと結論付けられる。

同省は財務省(税関総局)と協力しており、複数の市場への輸出活動に発生する異常な変動を監視、確認してから、摘発された違反行為に対し検査、取り締まりを実施する指針。

同機関は輸出業者に対し、生産地認証についての規定を厳密に遵守し、違反行為に加担しないよう警告した。各業者も、市場状況に絶えず注意し、異常があると直ちに管理当局に情報を提供、海外市場でのセーフガード措置逃れの防止策によってベトナムの生産輸出産業に影響を及ばないよう呼びかけられた。

コメントする

© This is source of the article

世界貿易機関(WTO)の統計結果を引用しながら、ベトナム商工省貿易保護局は、ベトナムからの輸出品を対象にセーフガード(緊急輸入制限)措置逃れの防止のための捜査件数が増加する傾向で11月までに19件も提起された。

捜査対象となった商品は主に鉄鋼、繊維、家庭用品、電子機器など。殆どは、措置回避の行動があり、セーフガード措置が適用されるべきだと結論付けられる。

同省は財務省(税関総局)と協力しており、複数の市場への輸出活動に発生する異常な変動を監視、確認してから、摘発された違反行為に対し検査、取り締まりを実施する指針。

同機関は輸出業者に対し、生産地認証についての規定を厳密に遵守し、違反行為に加担しないよう警告した。各業者も、市場状況に絶えず注意し、異常があると直ちに管理当局に情報を提供、海外市場でのセーフガード措置逃れの防止策によってベトナムの生産輸出産業に影響を及ばないよう呼びかけられた。

コメントする