ブレグジット後、ベトナム・イギリス 貿易関係に向けて準備を加速

0
6

1月14日と15日の二日間にわたり、越英貿易投資対話に関する察業部会による会合第2フェーズはイギリスの首都ロンドンで行われた。

国内メディアによると、会合で双方はブレグジット(Brexit)と呼ばれる英国の欧州連合(EU)離脱に関する米国の交渉について情報を共有し、今後の両国間の協力の方向性について協議を行い、ベトナム・イギリスの将来的な両国間貿易経済関係の維持・促進を図る。

2018年にベトナムとイギリスは外交関係樹立45周年記念を迎えた。2017年両国間貿易額が、10年間で3.5倍増の62億USDに達し、過去最高を記録した。

今まで、米国有数の大手会社は、米国の強みであるエネルギや銀行融資サービス等の分野で、ベトナムで成功に事業を展開している。

なかには、Jardine Matheson, Dragon Capital, Standard Chartered銀行, Viet Nam HSBC銀行, Diageo, Prudential, KPMG, GSK, Rolls-Royce, Unilever, Harvey Nash, IHGグループ, Hilton, British American Tobacco等がある。

コメントする

© This is source of the article

1月14日と15日の二日間にわたり、越英貿易投資対話に関する察業部会による会合第2フェーズはイギリスの首都ロンドンで行われた。

国内メディアによると、会合で双方はブレグジット(Brexit)と呼ばれる英国の欧州連合(EU)離脱に関する米国の交渉について情報を共有し、今後の両国間の協力の方向性について協議を行い、ベトナム・イギリスの将来的な両国間貿易経済関係の維持・促進を図る。

2018年にベトナムとイギリスは外交関係樹立45周年記念を迎えた。2017年両国間貿易額が、10年間で3.5倍増の62億USDに達し、過去最高を記録した。

今まで、米国有数の大手会社は、米国の強みであるエネルギや銀行融資サービス等の分野で、ベトナムで成功に事業を展開している。

なかには、Jardine Matheson, Dragon Capital, Standard Chartered銀行, Viet Nam HSBC銀行, Diageo, Prudential, KPMG, GSK, Rolls-Royce, Unilever, Harvey Nash, IHGグループ, Hilton, British American Tobacco等がある。

コメントする