ベトナム、引き続きアジアの優良投資先の一つ

0
298

2019年は、ベトナムがアジア市域の優良投資先トップ入りを果たす2年連続の2年目となる見込み。これは、東南アジアが最高の投資収益率が見込まれる潜在性の高い地域になりつつある中、世界有数の監査法人PWCのアジア太平洋地域の担当部長のRaymond Chao氏がこのほど発表した調査の結果である。

アジア金融フォーラムの最新の調査結果によると、ワシントンと北京間の次第に白熱する貿易戦争が世界第二位の経済大国の中国に大きな影響を与えることを背景に、東南アジアは中国を追い越して2019年最高の投資収益率をもたらす可能性が高い地域となることが判明された。

最新の統計によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国への外国直接投資(FDI)は2017年に過去最高の1,370億USDに達し、2016年の140億USDをかなり上回ったという。

2018年11月のある報告書によると、ASEANのベトナム、インドネシア、シンガポールの3か国は同地域へのFDI投資の72%も占めることが明らかになった。

コメントする

© This is source of the article

2019年は、ベトナムがアジア市域の優良投資先トップ入りを果たす2年連続の2年目となる見込み。これは、東南アジアが最高の投資収益率が見込まれる潜在性の高い地域になりつつある中、世界有数の監査法人PWCのアジア太平洋地域の担当部長のRaymond Chao氏がこのほど発表した調査の結果である。

アジア金融フォーラムの最新の調査結果によると、ワシントンと北京間の次第に白熱する貿易戦争が世界第二位の経済大国の中国に大きな影響を与えることを背景に、東南アジアは中国を追い越して2019年最高の投資収益率をもたらす可能性が高い地域となることが判明された。

最新の統計によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国への外国直接投資(FDI)は2017年に過去最高の1,370億USDに達し、2016年の140億USDをかなり上回ったという。

2018年11月のある報告書によると、ASEANのベトナム、インドネシア、シンガポールの3か国は同地域へのFDI投資の72%も占めることが明らかになった。

コメントする