米国:引き続きベトナムの主要貿易相手国

0
5

米越国交正常化以来25年間を経て、米国・ベトナムの二国間貿易額は1994年の4億5,000万USDから2018年の600億USDまで、120倍近く上昇したことがわかった。

統計データによると、2019年1月の米国への輸出額は、2018年同期比で1兆5,270億USD増の5兆1,510億USDに達した。それによって、米国への輸出の伸び率は全国平均の4.7倍であることが明らかになった。

欧米市場機関(商工省)によると、1月に米国は、全国輸出額の23.3%を占め、依然としてベトナムの主要貿易国として位置づけられるという。

また、専門家によると、2019年の米越貿易関係は、質の面を含めて重要な変化が発生する可能性が高い。米国は2019年7月1日以降ベトナムの経済市場を認める見込みがあり、それによって両国貿易関係は、数多くの国際協定である重要な法的基盤に基づくものになることが見込まれる。 双方の共同努力の中、在米ベトナム貿易機関は、米越貿易・経済関係の発展に向けて引き続き米国と積極的に密接な連携を実施する方針。

コメントする

© This is source of the article

米越国交正常化以来25年間を経て、米国・ベトナムの二国間貿易額は1994年の4億5,000万USDから2018年の600億USDまで、120倍近く上昇したことがわかった。

統計データによると、2019年1月の米国への輸出額は、2018年同期比で1兆5,270億USD増の5兆1,510億USDに達した。それによって、米国への輸出の伸び率は全国平均の4.7倍であることが明らかになった。

欧米市場機関(商工省)によると、1月に米国は、全国輸出額の23.3%を占め、依然としてベトナムの主要貿易国として位置づけられるという。

また、専門家によると、2019年の米越貿易関係は、質の面を含めて重要な変化が発生する可能性が高い。米国は2019年7月1日以降ベトナムの経済市場を認める見込みがあり、それによって両国貿易関係は、数多くの国際協定である重要な法的基盤に基づくものになることが見込まれる。 双方の共同努力の中、在米ベトナム貿易機関は、米越貿易・経済関係の発展に向けて引き続き米国と積極的に密接な連携を実施する方針。

コメントする