グエン・ヴァン・コア:FPTグループの社長に就任

0
4

ベトナムで最大手IT企業のFPTグループの取締役会は3月8日、現役FPT副社長 兼 FPT情報システム社長であるグエン・ヴァン・コア氏を、任期満了のブイ・ヴァン・ゴック氏の代わりに、FPT社長に任命する決定を可決したことが明らかになった。

同決定は2019年3月29日より発効。

コア新社長は22年間にわたり、FPTで様々な職務・役職を通じて同グループの経営・技術・顧客対応に関するあらゆる業務を熟知し、成長してきた。

2012年、当時35歳のコア氏は、同グループのFPT Telecom社の社長と任命されており、FPTで最年少の子会社の最高経営責任者(CEO)となった。

コアな管理人材育成への取り組み及び新しい方針・決定を持って、コア氏は、FPT Telecom社を、インターネットサービス提供におけるベトナムトップ3位を継続的に維持する会社に導いている。

コア氏は、FPT Telecom社の中核事業において重要な功績を残していた。それは、全長1,800キロの南北軸道路で全部の銅ケーブル配線インフラを光ケーブルへと入れ替わることを計画より2倍早い1年間で完了したことや、IPTV(インターネットテレビ放送)をCATV(ケーブルを利用するテレビ放送)の代わりに選択してげ現代のFPTテレビ放送の強力な発展の土台づくりをしたこと。

コメントする

© This is source of the article

ベトナムで最大手IT企業のFPTグループの取締役会は3月8日、現役FPT副社長 兼 FPT情報システム社長であるグエン・ヴァン・コア氏を、任期満了のブイ・ヴァン・ゴック氏の代わりに、FPT社長に任命する決定を可決したことが明らかになった。

同決定は2019年3月29日より発効。

コア新社長は22年間にわたり、FPTで様々な職務・役職を通じて同グループの経営・技術・顧客対応に関するあらゆる業務を熟知し、成長してきた。

2012年、当時35歳のコア氏は、同グループのFPT Telecom社の社長と任命されており、FPTで最年少の子会社の最高経営責任者(CEO)となった。

コアな管理人材育成への取り組み及び新しい方針・決定を持って、コア氏は、FPT Telecom社を、インターネットサービス提供におけるベトナムトップ3位を継続的に維持する会社に導いている。

コア氏は、FPT Telecom社の中核事業において重要な功績を残していた。それは、全長1,800キロの南北軸道路で全部の銅ケーブル配線インフラを光ケーブルへと入れ替わることを計画より2倍早い1年間で完了したことや、IPTV(インターネットテレビ放送)をCATV(ケーブルを利用するテレビ放送)の代わりに選択してげ現代のFPTテレビ放送の強力な発展の土台づくりをしたこと。

コメントする