シンガポール系タクシー大手はベトナムで疲弊

0
142

シンガポールをベースとした国際的な輸送業者であるComfortDelGroグループの最新財務報告書によると、2018年度ベトナムでの売上高が330万USD(約3億6300万円)で、昨年度より半分強も減少したことが明らかになった。潜在性の高い市場として評価されたベトナム市場での売上の同グループの総収入に占める割合が1%未満にとどまっている。

同年末に車両、設備、事務所の場所等ベトナムにあるComfortDelGro社の長期的な資産は500万USD(約5億5,000万円)までもないとみられる。

同社の指導者はこうした事業結果とベトナムへの投資額について説明しないものの、主な理由は、同社と地場サイゴン総合サービス株式会社(Savico)との合併会社によるものとされている。現在、その合併会社は全車両を清算し、解体手続き完了まで待機しているという。

それに先立つ2018年3月に、この合併会社は過去数年にわたり営業悪化が続いてきた。事業展開10年近くの後、開拓率を90%に維持するために、全車両の再編成やサービス質の向上を行わなければならないので支出が高かった。類型損失に当てる収入を得たところ、外資系配車アプリのGrabとUberによる激しい市場シェア競争に巻き込まれている。その挙句、同社のベトナム邦人は資本確保のためにこの合併会社の事業の強制的な停止を余儀なくされた。

 

 

コメントする

© This is source of the article

シンガポールをベースとした国際的な輸送業者であるComfortDelGroグループの最新財務報告書によると、2018年度ベトナムでの売上高が330万USD(約3億6300万円)で、昨年度より半分強も減少したことが明らかになった。潜在性の高い市場として評価されたベトナム市場での売上の同グループの総収入に占める割合が1%未満にとどまっている。

同年末に車両、設備、事務所の場所等ベトナムにあるComfortDelGro社の長期的な資産は500万USD(約5億5,000万円)までもないとみられる。

同社の指導者はこうした事業結果とベトナムへの投資額について説明しないものの、主な理由は、同社と地場サイゴン総合サービス株式会社(Savico)との合併会社によるものとされている。現在、その合併会社は全車両を清算し、解体手続き完了まで待機しているという。

それに先立つ2018年3月に、この合併会社は過去数年にわたり営業悪化が続いてきた。事業展開10年近くの後、開拓率を90%に維持するために、全車両の再編成やサービス質の向上を行わなければならないので支出が高かった。類型損失に当てる収入を得たところ、外資系配車アプリのGrabとUberによる激しい市場シェア競争に巻き込まれている。その挙句、同社のベトナム邦人は資本確保のためにこの合併会社の事業の強制的な停止を余儀なくされた。

 

 

コメントする