ADBの予測:今年ベトナムの成長率は6.8%

0
144

アジア開発銀行(ADB)はこの程、「アジア経済見通し」(ADO)2019年を発表した。世界経済貿易の成長鈍化により、ベトナムの経済成長率が低下するが、2019年6.8%、2020年6.7%と高い水準を持続するとの見通しを示した。去年ベトナムの国内生産総額(GDP)は7.1%に上昇したという。

この成長の勢いは、ビジネス環境の改善及び民間投資の促進を目的にした持続的な改革政策により後押しされると考えられる。さらに、去年ベトナムによる「環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CTPPP)」批准、「EU・ベトナム自由貿易協定」締結見込みと現行の自由貿易協定の実施は、改革の加速と投資・貿易の機会の創出につながるものとされる。

ADBは、今年ベトナムの平均的なインフレ率は3.5%になり、来年3.8%に上昇すると予測した。それは国内需要の安定及び最低賃金及び管理費用の増加が原因とされている。世界貿易需要の低迷や複数の先進国の成功減速は、ベトナムの経常黒字が今年2.5%から2020年2%への縮小の要因であるとされている。

 

 

コメントする

© This is source of the article

アジア開発銀行(ADB)はこの程、「アジア経済見通し」(ADO)2019年を発表した。世界経済貿易の成長鈍化により、ベトナムの経済成長率が低下するが、2019年6.8%、2020年6.7%と高い水準を持続するとの見通しを示した。去年ベトナムの国内生産総額(GDP)は7.1%に上昇したという。

この成長の勢いは、ビジネス環境の改善及び民間投資の促進を目的にした持続的な改革政策により後押しされると考えられる。さらに、去年ベトナムによる「環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CTPPP)」批准、「EU・ベトナム自由貿易協定」締結見込みと現行の自由貿易協定の実施は、改革の加速と投資・貿易の機会の創出につながるものとされる。

ADBは、今年ベトナムの平均的なインフレ率は3.5%になり、来年3.8%に上昇すると予測した。それは国内需要の安定及び最低賃金及び管理費用の増加が原因とされている。世界貿易需要の低迷や複数の先進国の成功減速は、ベトナムの経常黒字が今年2.5%から2020年2%への縮小の要因であるとされている。

 

 

コメントする