ゴミ輸入業者は逃走

0
40

ホーチミン市税関局によると、12月6日に同市のカットライ港でサイゴン港第1地区国境税関支局は、Tri Quang運輸サービス有限会社(2区、ホーチミン市)を宛先に輸入された20本のコンテナの輸入品の検査を行ったところ、全ての商品が外側が古い機械を装ったが、中身がワイヤー、ビニール袋、くず鉄等の廃棄物だらけであることを発見した。

その事件の摘発に先立ち2018年10月末ごろ、同社は日本からカットライ港まで5本のコンテナの機械各種の輸入を税関局に申告した。

書類調査で異常を摘発した上でサイゴン港第1地区国境税関支局が審査を行い、コンテナ内の貨物が全て廃棄物であることを発見した。

上記の事件で税関に摘発され、物品を押収された後、同社は上記の20本のコンテナの申告をせず事業登録住所も逃亡。

ホーチミン市税関局は上記の違法輸入事件を調査中。

コメントする

© This is source of the article

ホーチミン市税関局によると、12月6日に同市のカットライ港でサイゴン港第1地区国境税関支局は、Tri Quang運輸サービス有限会社(2区、ホーチミン市)を宛先に輸入された20本のコンテナの輸入品の検査を行ったところ、全ての商品が外側が古い機械を装ったが、中身がワイヤー、ビニール袋、くず鉄等の廃棄物だらけであることを発見した。

その事件の摘発に先立ち2018年10月末ごろ、同社は日本からカットライ港まで5本のコンテナの機械各種の輸入を税関局に申告した。

書類調査で異常を摘発した上でサイゴン港第1地区国境税関支局が審査を行い、コンテナ内の貨物が全て廃棄物であることを発見した。

上記の事件で税関に摘発され、物品を押収された後、同社は上記の20本のコンテナの申告をせず事業登録住所も逃亡。

ホーチミン市税関局は上記の違法輸入事件を調査中。

コメントする