ベトナムのクリーン農産物生産への投資の課題

0
36

農産物のビジネスにおいて、利益最大化のために農家から購入するか、品質確保のために自社栽培するかを決めるのが以前よりずっと困難のまま。アメリカの「ウォルマート」卸企業や「ターゲット」小売業者等の世界大手業者から一般小売業者までは頭を抱えて上記の選択肢を考察しなけれなならない。クリーン農産物市場は大きな開発潜在性を秘めているが、採択しやすい「金鉱」ではないと考えられる。

2015年、ベトナム最大手ビングループの農業案件であるビンエコ子会社の設立は、同グループ所有の小売システムビンマート及びビンマートプラスへ農産物の供給を目的にする。

ビンエコの代表者は、ビンマート及びビンマートプラスの農産物販売戦略がウォルマートやターゲットの組み合わせであると述べた。同システムのクリーン農産物が殆どビンエコの14か所のハイテク農場により提供され、残りの分はビンエコと連携している合作社や農家であると断言した。

また、個人農家から購入した農産物が全て、ビンマートやビンマートプラスの33の食品安全検査室や検査部門を通じて綿密に検査されている。検査結果が標準を満たした場合、「利益ゼロ」政策でビンマートとビンマートプラスが、その農産物に対し販売事業を支援する。

ビンエコは持続可能な農業モデル開発を目指して他の農産物の生産業者の発展に有利な環境を創出して、ベトナムでのクリーン農業普及に貢献していきたいと熱望を語った。

コメントする

© This is source of the article

農産物のビジネスにおいて、利益最大化のために農家から購入するか、品質確保のために自社栽培するかを決めるのが以前よりずっと困難のまま。アメリカの「ウォルマート」卸企業や「ターゲット」小売業者等の世界大手業者から一般小売業者までは頭を抱えて上記の選択肢を考察しなけれなならない。クリーン農産物市場は大きな開発潜在性を秘めているが、採択しやすい「金鉱」ではないと考えられる。

2015年、ベトナム最大手ビングループの農業案件であるビンエコ子会社の設立は、同グループ所有の小売システムビンマート及びビンマートプラスへ農産物の供給を目的にする。

ビンエコの代表者は、ビンマート及びビンマートプラスの農産物販売戦略がウォルマートやターゲットの組み合わせであると述べた。同システムのクリーン農産物が殆どビンエコの14か所のハイテク農場により提供され、残りの分はビンエコと連携している合作社や農家であると断言した。

また、個人農家から購入した農産物が全て、ビンマートやビンマートプラスの33の食品安全検査室や検査部門を通じて綿密に検査されている。検査結果が標準を満たした場合、「利益ゼロ」政策でビンマートとビンマートプラスが、その農産物に対し販売事業を支援する。

ビンエコは持続可能な農業モデル開発を目指して他の農産物の生産業者の発展に有利な環境を創出して、ベトナムでのクリーン農業普及に貢献していきたいと熱望を語った。

コメントする