中国に輸出されたベトナム製品は、徐々に工業製品の割合が増加

0
918

現在、中国はベトナムの主な貿易相手国であり、ASEANにおけるベトナム中国の世界第8位の主な貿易相手国である。2018年の最初の10ヶ月間におけるベトナムと中国の双方向貿易の総金額は、2017年の同期間に比べて13.6%増加して、ほぼ867億ドルに達した。

また、投資分野では、2018年9月末までに中国はベトナムのに2,041件のプロジェクトを投資し、主なは127.8億ドルで、ベトナムに投資している129か国と地域では7位にランクインした。2018年の最初の10カ月間に、中国は72カ国と地域では5位となる大きな投資家であり、ベトナムでは新しい投資プロジェクトを促進している。

近年の統計によければ、ベトナムに投資する中国企業の傾向は非常に強いである。原因は、多くの中国企業が多国籍企業に発展し、またベトナムが国際投資家にとって魅力がある地域である。

特に、ベトナムの改革開放の基盤のおかげで、日本、韓国、中国などの国々の多くの企業生産・事業活動とブランド構築に投資してきるようになった。それで、これから、中国企業はベトナムの多くの分野に投資し、事業を行うチャンスをつかむとみられる。

コメントする

© This is source of the article

現在、中国はベトナムの主な貿易相手国であり、ASEANにおけるベトナム中国の世界第8位の主な貿易相手国である。2018年の最初の10ヶ月間におけるベトナムと中国の双方向貿易の総金額は、2017年の同期間に比べて13.6%増加して、ほぼ867億ドルに達した。

また、投資分野では、2018年9月末までに中国はベトナムのに2,041件のプロジェクトを投資し、主なは127.8億ドルで、ベトナムに投資している129か国と地域では7位にランクインした。2018年の最初の10カ月間に、中国は72カ国と地域では5位となる大きな投資家であり、ベトナムでは新しい投資プロジェクトを促進している。

近年の統計によければ、ベトナムに投資する中国企業の傾向は非常に強いである。原因は、多くの中国企業が多国籍企業に発展し、またベトナムが国際投資家にとって魅力がある地域である。

特に、ベトナムの改革開放の基盤のおかげで、日本、韓国、中国などの国々の多くの企業生産・事業活動とブランド構築に投資してきるようになった。それで、これから、中国企業はベトナムの多くの分野に投資し、事業を行うチャンスをつかむとみられる。

コメントする