ベトナム市場で新配車アプリが誕生

0
815

12月13日午前、地場系Be Group株式会社は「beBike」(ビーバイク)(バイク)と「beCar」(ビーカー)(自動車)を含む配車アプリを正式に公開した。既に配車サービス市場の殆どを支配しているグラブ(Grab)やゴーベト(Go Viet)等の配車大手企業より参入が遅いが、同社は2018年に登録した運転手が1万人、翌年末までに11万人に上る目標を目指す意気込みを語った。

19

Beのアプリが12月17日ハノイホーチミン市での事業を開始する予定。現在、同社はbeBikeとbeCarの運転手に給与の歩合率を25%に設定する予定。しかし、アプリ利用顧客に適用するキャンペインを明らかにしていない。

GrabとGo Vietとの同じ野望で、Be Group社が毎日の生活に不可欠なアプリを目指している。2019年、同社は配達サービスや決済サービスを導入する予定で、今後3年間で数千万人のユーザーを獲得したい思いを述べた。

しかし、既存の配車アプリ企業と異なり、Be Groupは輸送事業を登録した。同社ハイ社長によると、Be Groupは輸送サービス事業の性質を変えずにその事業への第4次技術への導入を率先したもの。ハイテク技術が業務を最適化、コストを削減、顧客へより大きな価値を与えるためのツールに過ぎないと判断した。

現在、ベトナム繁栄株式会社VPバンクはBe Groupの戦略的パートナーである。VPバンクはBeの運送サービスを利用して、最初期に金銭的なサポートを行うことに同意した。さらに、Beの加盟運転手がVPバンクの個人金融サービスとOPESデジタル保険会社の保険商品を利用する際サポートを受けれる。

コメントする

© This is source of the article

12月13日午前、地場系Be Group株式会社は「beBike」(ビーバイク)(バイク)と「beCar」(ビーカー)(自動車)を含む配車アプリを正式に公開した。既に配車サービス市場の殆どを支配しているグラブ(Grab)やゴーベト(Go Viet)等の配車大手企業より参入が遅いが、同社は2018年に登録した運転手が1万人、翌年末までに11万人に上る目標を目指す意気込みを語った。

19

Beのアプリが12月17日ハノイホーチミン市での事業を開始する予定。現在、同社はbeBikeとbeCarの運転手に給与の歩合率を25%に設定する予定。しかし、アプリ利用顧客に適用するキャンペインを明らかにしていない。

GrabとGo Vietとの同じ野望で、Be Group社が毎日の生活に不可欠なアプリを目指している。2019年、同社は配達サービスや決済サービスを導入する予定で、今後3年間で数千万人のユーザーを獲得したい思いを述べた。

しかし、既存の配車アプリ企業と異なり、Be Groupは輸送事業を登録した。同社ハイ社長によると、Be Groupは輸送サービス事業の性質を変えずにその事業への第4次技術への導入を率先したもの。ハイテク技術が業務を最適化、コストを削減、顧客へより大きな価値を与えるためのツールに過ぎないと判断した。

現在、ベトナム繁栄株式会社VPバンクはBe Groupの戦略的パートナーである。VPバンクはBeの運送サービスを利用して、最初期に金銭的なサポートを行うことに同意した。さらに、Beの加盟運転手がVPバンクの個人金融サービスとOPESデジタル保険会社の保険商品を利用する際サポートを受けれる。

コメントする