ズンクアット・バイオ燃料工場が初のエタノール出荷

0
12

ベトナム石油ガスグループによると、2018年10月19日午後3時に、向上の完全稼動5日間後、中部石油ガスバイオ燃料株式会社(BSR-BF)附属のズンクアット(Dung Quoc)バイオ燃料工場はエタノール(E100)の商品を公開したという。

現時点ではBSR – BRはTOCONTAP(サイゴン貿易投資総合商社)と連携契約を結んだ。同契約に基づき、BSR – BFはキャッサバでエタノール製造と税増経費を負担することになる。同契約は締結日から10年間有効で2つの段階それぞれ5年間に分けられる。また、同契約書では、最初の12ヶ月間BSR – BFが生産した商品を全て消費するTOCONTAPの約束も明記された。

同社にとって、直営工場が長年生産停止の状態に置かれてきた中最初の1年間に生産された商品を買収するバイヤーが既にいるのが大切な意味で重要な収入源となる。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム石油ガスグループによると、2018年10月19日午後3時に、向上の完全稼動5日間後、中部石油ガスバイオ燃料株式会社(BSR-BF)附属のズンクアット(Dung Quoc)バイオ燃料工場はエタノール(E100)の商品を公開したという。

現時点ではBSR – BRはTOCONTAP(サイゴン貿易投資総合商社)と連携契約を結んだ。同契約に基づき、BSR – BFはキャッサバでエタノール製造と税増経費を負担することになる。同契約は締結日から10年間有効で2つの段階それぞれ5年間に分けられる。また、同契約書では、最初の12ヶ月間BSR – BFが生産した商品を全て消費するTOCONTAPの約束も明記された。

同社にとって、直営工場が長年生産停止の状態に置かれてきた中最初の1年間に生産された商品を買収するバイヤーが既にいるのが大切な意味で重要な収入源となる。

コメントする