コーヒー缶市場が波立っている

0
11

炭酸飲料市場における大手企業2社の一つであるベトナムコカ・コーラ社は、このほど、「Georgia Coffe Max」のインスタントコーヒー新商品でコーヒー缶市場に本格的に参入した。同飲料ブランドの代表者によると、露店のコーヒー一杯に相当した価格でミドルレンジに区分されるこの商品を通じて、同社は利便性の高い商品利用へ消費者の習慣を変える狙いがあるという。しかし、同業界の停滞状況の打開がかなり困難であると考えられている。

新商品の公開式で、コカコーラ社の代表者は、同社の調査に踏まえてベトナム市場で多くのインスタントコーヒーブランドが既に活躍しているが、新ブランドが参入できるような潜在ポテンシャルが未だ高いと述べた。

新商品で同市場に参入したコカ・コーラの成否は未だ不明だが、その動きは、マーカー達がこの市場を未だ完全に放棄しないことを示した。コーヒー輸出量で世界第2位のコーヒー大国であるベトナムでは、インスタントコーヒー飲料が現在より広く普及されるはずだったのにという嘆きが寄せられている。

コメントする

© This is source of the article

炭酸飲料市場における大手企業2社の一つであるベトナムコカ・コーラ社は、このほど、「Georgia Coffe Max」のインスタントコーヒー新商品でコーヒー缶市場に本格的に参入した。同飲料ブランドの代表者によると、露店のコーヒー一杯に相当した価格でミドルレンジに区分されるこの商品を通じて、同社は利便性の高い商品利用へ消費者の習慣を変える狙いがあるという。しかし、同業界の停滞状況の打開がかなり困難であると考えられている。

新商品の公開式で、コカコーラ社の代表者は、同社の調査に踏まえてベトナム市場で多くのインスタントコーヒーブランドが既に活躍しているが、新ブランドが参入できるような潜在ポテンシャルが未だ高いと述べた。

新商品で同市場に参入したコカ・コーラの成否は未だ不明だが、その動きは、マーカー達がこの市場を未だ完全に放棄しないことを示した。コーヒー輸出量で世界第2位のコーヒー大国であるベトナムでは、インスタントコーヒー飲料が現在より広く普及されるはずだったのにという嘆きが寄せられている。

コメントする