ベトナムで初の廃棄物焼却発電所が間もなく正式稼動開始へ

0
16

10月25日にエネルギー環境有限会社EB(カントー市)との打ち合わせで、同市人民委員会ヴォ・タン・トン会長は、生活廃棄物処理工場トゥィ・ライ(Thoi Lai)プロジェクトの投資家に対し、関係当局と協力し、来月下旬に同プロジェクトの正式稼動に向け準備態勢を整えるよう要請した。この工場はベトナムで初の廃棄物焼却発電所となる見通し。

同工場の稼動過程を実際に監査した後、トン会長はEB社に対し、稼動試験実施の際、必須となった手続きの順守義務を求めた。それによって、投資家は、環境標建設省と協力し工事品質検査を実施し、天然資源環境省との連携で同工場の実稼動試験結果を評価することになる。

コメントする

© This is source of the article

10月25日にエネルギー環境有限会社EB(カントー市)との打ち合わせで、同市人民委員会ヴォ・タン・トン会長は、生活廃棄物処理工場トゥィ・ライ(Thoi Lai)プロジェクトの投資家に対し、関係当局と協力し、来月下旬に同プロジェクトの正式稼動に向け準備態勢を整えるよう要請した。この工場はベトナムで初の廃棄物焼却発電所となる見通し。

同工場の稼動過程を実際に監査した後、トン会長はEB社に対し、稼動試験実施の際、必須となった手続きの順守義務を求めた。それによって、投資家は、環境標建設省と協力し工事品質検査を実施し、天然資源環境省との連携で同工場の実稼動試験結果を評価することになる。

コメントする