ベトナム労働生産性向上について日本人博士は意見交換

0
16

10月26日ハノイ市で、グエン・バン・ビン政治局委員・党中央経済委員会長は、日本国家政策研究所(GRIPS)の菅原憲一博士と在ベトナム日本大使館梅田邦夫大使と会談を行った。

菅原憲一博士は、ベトナムマクロ生産性と各業界・分野での生産性を含む労働生産性向上について意見を述べ、日越協力で実現することを提案した。

梅田邦夫大使は、包括的且つ先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)とハノイ市・ホーチミン市での都市鉄道建設プロジェクト実施状況について意見交換を行った。

中央経済委員会ビン会長は、ベトナムが日本との協力関係を常に重要視し強化したい旨を述べ、日系企業のベトナム進出を奨励し、両国間に情報共有を行い、日越友好関係の更なる深化を図っている。

コメントする

© This is source of the article

10月26日ハノイ市で、グエン・バン・ビン政治局委員・党中央経済委員会長は、日本国家政策研究所(GRIPS)の菅原憲一博士と在ベトナム日本大使館梅田邦夫大使と会談を行った。

菅原憲一博士は、ベトナムマクロ生産性と各業界・分野での生産性を含む労働生産性向上について意見を述べ、日越協力で実現することを提案した。

梅田邦夫大使は、包括的且つ先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)とハノイ市・ホーチミン市での都市鉄道建設プロジェクト実施状況について意見交換を行った。

中央経済委員会ビン会長は、ベトナムが日本との協力関係を常に重要視し強化したい旨を述べ、日系企業のベトナム進出を奨励し、両国間に情報共有を行い、日越友好関係の更なる深化を図っている。

コメントする