アンファット・ホールディングス:「ブラスチック廃棄物ゼロ」先取り

0
14

ベトナム市場の先駆者であるアンファット・ホールディングス・グループは、欧州バイオプラスチック協会(European Bioplastic Association)の会員として正式に認定されたベトナムの唯一の企業であることを誇っている。

同グループのアンエコ(AnEco)ブランドの100%生分解性バッグは、世界中で環境保護の波の加速を背景に研究・開発されたものだった。アンエコのバッグの材料100%はNON-GMOトウモロコシ(遺伝子組替不分別」由来で、引張強さを持っている生分解性のバイオプラスチック。バイオバッグが土地に埋めされたら、嫌気的環境で6ヶ月間生じる生分解プロセスはベトナムの熱帯モンスーン気候に適したと考えられている。

同商品はこれからグループの重要な品目となると定められている。さらに、アンファットは、使い捨てのプラスチック商品を置き換えるために、ストロー、スプーン、お皿等環境を考慮した商品の開発に取り組んでいく。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム市場の先駆者であるアンファット・ホールディングス・グループは、欧州バイオプラスチック協会(European Bioplastic Association)の会員として正式に認定されたベトナムの唯一の企業であることを誇っている。

同グループのアンエコ(AnEco)ブランドの100%生分解性バッグは、世界中で環境保護の波の加速を背景に研究・開発されたものだった。アンエコのバッグの材料100%はNON-GMOトウモロコシ(遺伝子組替不分別」由来で、引張強さを持っている生分解性のバイオプラスチック。バイオバッグが土地に埋めされたら、嫌気的環境で6ヶ月間生じる生分解プロセスはベトナムの熱帯モンスーン気候に適したと考えられている。

同商品はこれからグループの重要な品目となると定められている。さらに、アンファットは、使い捨てのプラスチック商品を置き換えるために、ストロー、スプーン、お皿等環境を考慮した商品の開発に取り組んでいく。

コメントする