ベトナム企業:グローバルビジネス展望に楽観的な見方

0
16

イギリス最大規模の金融機関であるHSBCの研究機関によると、ベトナム企業が、国際ビジネス展望について最も楽観的な見方を持ち、現在のビジネス環境で成功の可能性に最も自身を持っている企業のひつとであることが判明された。

これは、世界34箇所の市場の企業8,500社を対象に実施した最新の「HSBCナビゲート:企業に対する現在・未来・方法」調査の結果だった。

ベトナムの調査対象者は、地政学要因で他国の企業が事業展開を躊躇している景況にもかかわらず、ビジネス展望が非常に明るいのを信じていると回答した比率が91%に対して、世界中の企業の平均比率が76%にとどまっている。それらの企業は、貿易成長の3つの要素が、好調なビジネス環境、輸送・物流・貯蔵コストの減少及び商品需要の増加であると述べた。

コメントする

© This is source of the article

イギリス最大規模の金融機関であるHSBCの研究機関によると、ベトナム企業が、国際ビジネス展望について最も楽観的な見方を持ち、現在のビジネス環境で成功の可能性に最も自身を持っている企業のひつとであることが判明された。

これは、世界34箇所の市場の企業8,500社を対象に実施した最新の「HSBCナビゲート:企業に対する現在・未来・方法」調査の結果だった。

ベトナムの調査対象者は、地政学要因で他国の企業が事業展開を躊躇している景況にもかかわらず、ビジネス展望が非常に明るいのを信じていると回答した比率が91%に対して、世界中の企業の平均比率が76%にとどまっている。それらの企業は、貿易成長の3つの要素が、好調なビジネス環境、輸送・物流・貯蔵コストの減少及び商品需要の増加であると述べた。

コメントする