カイン・ホア(Khanh Hoa)省ではイセエビ、ズキ、カタツムリが一斉に死んでいた

0
15

最近、バン・ニン(Van Ninh)郡(カンホア省)では、イセエビ、スギ、カタツムリが一斉に死ぬ状況が続けている。原因について、カイン・ホア省の畜産・獣医局は、養殖漁業者はカタツムリを飼育する時、生の餌を利用し、この餌は細菌感染の危険性が高いと発表した。さらに、池の水質が悪い場合も、病気を引き起こす。 カタツムリの池の水は定期的に換えらるが、排水は処理されない。病原体が含くまれる池の水は健全な池に流れ、病気が広がっていたと思われる。

バン・タン(Van Thanh)地区の調査によると、病気によりイセエビの生産量は15〜20%下がった。ますます環境が汚染され、エビの餌が汚れ、高密度養殖などの原因により、病気が広がるとなっていた。 バン・ニン郡の経済部によると、水の酸素が不足し、高密度養殖の原因で、イセエビとカタツムリだけでなく、この地区のスギの生産量も減る。

コメントする

© This is source of the article

最近、バン・ニン(Van Ninh)郡(カンホア省)では、イセエビ、スギ、カタツムリが一斉に死ぬ状況が続けている。原因について、カイン・ホア省の畜産・獣医局は、養殖漁業者はカタツムリを飼育する時、生の餌を利用し、この餌は細菌感染の危険性が高いと発表した。さらに、池の水質が悪い場合も、病気を引き起こす。 カタツムリの池の水は定期的に換えらるが、排水は処理されない。病原体が含くまれる池の水は健全な池に流れ、病気が広がっていたと思われる。

バン・タン(Van Thanh)地区の調査によると、病気によりイセエビの生産量は15〜20%下がった。ますます環境が汚染され、エビの餌が汚れ、高密度養殖などの原因により、病気が広がるとなっていた。 バン・ニン郡の経済部によると、水の酸素が不足し、高密度養殖の原因で、イセエビとカタツムリだけでなく、この地区のスギの生産量も減る。

コメントする