中部地方ビンディン省での2番目の太陽光発電所プロジェクトの着工

0
9

ベトナムチュオン・タイングループ(Truong Thanh Group = TTVN Group, ハノイ)は、Quadran International社(フランスの Lucia Holdingグループの子会社)と協力し、ビンディン省・フーカット群(Phu Cat)・カット・ヒエップ町(Cat Hiep)における太陽光発電所建設工事の着工式を共同で行ったという。

フーカット群カットヒエップ太陽光発電所は、総面積が62haで計画発電力が49.5MW、ビンディン・ハイテクエネルギー株式会社によって約1兆1400億VND(約55.3億円)を投資されている。同プロジェクトの請負業者はドイツのJuwi再生可能エネルギー会社である。

同プロジェクトの投資家と請負業者の約束によるとカットヒエップ太陽光発電所は2019年第2四半期より稼働を開始することが予定されるという。同プロジェクトは地方地域における発電能力を増強することで、益々増加してきた電力需要に対応し、工業・サービス業の発展や経済の再構築に導く。

コメントする

© This is source of the article

ベトナムチュオン・タイングループ(Truong Thanh Group = TTVN Group, ハノイ)は、Quadran International社(フランスの Lucia Holdingグループの子会社)と協力し、ビンディン省・フーカット群(Phu Cat)・カット・ヒエップ町(Cat Hiep)における太陽光発電所建設工事の着工式を共同で行ったという。

フーカット群カットヒエップ太陽光発電所は、総面積が62haで計画発電力が49.5MW、ビンディン・ハイテクエネルギー株式会社によって約1兆1400億VND(約55.3億円)を投資されている。同プロジェクトの請負業者はドイツのJuwi再生可能エネルギー会社である。

同プロジェクトの投資家と請負業者の約束によるとカットヒエップ太陽光発電所は2019年第2四半期より稼働を開始することが予定されるという。同プロジェクトは地方地域における発電能力を増強することで、益々増加してきた電力需要に対応し、工業・サービス業の発展や経済の再構築に導く。

コメントする