ベトナムへの外国投資が間もなく急増

0
10

日経誌によると、ベトナム企業における外国株主の持分の上限規制が解消されると、特に医薬品と銀行の分野でベトナムへの外国投資が急増していく見通し。

日経誌のM&A活動の関係者筋によると、レノバ・グローバル(Renova Global)といったインドの製薬業者は、ハノイとホーチミン市に代表事務所を持っており、事業拡大を図っている。一方で、日本の大正製薬業者は地場系の大手製薬企業Duoc Hau Giang Pharmaceutical JSC(DHG)の株式の32%を保有しており、引き続き2.3%の新株式を購入する予定。

ベトナムは、依然として多くの欧米企業にとって未だ見慣れていない市場である。しかし、米中貿易戦争の激化に伴い多くの米国製造業者が中国を脱出したい意向を明らかにしている背景で、ベトナムはそれらの業者の次の投資先となると予想されている。

コメントする

© This is source of the article

日経誌によると、ベトナム企業における外国株主の持分の上限規制が解消されると、特に医薬品と銀行の分野でベトナムへの外国投資が急増していく見通し。

日経誌のM&A活動の関係者筋によると、レノバ・グローバル(Renova Global)といったインドの製薬業者は、ハノイとホーチミン市に代表事務所を持っており、事業拡大を図っている。一方で、日本の大正製薬業者は地場系の大手製薬企業Duoc Hau Giang Pharmaceutical JSC(DHG)の株式の32%を保有しており、引き続き2.3%の新株式を購入する予定。

ベトナムは、依然として多くの欧米企業にとって未だ見慣れていない市場である。しかし、米中貿易戦争の激化に伴い多くの米国製造業者が中国を脱出したい意向を明らかにしている背景で、ベトナムはそれらの業者の次の投資先となると予想されている。

コメントする