VWSはホーチミン市・ロンアン省・キエンザン省に米国の技術を搭載した廃棄物運搬車6台を寄付

0
16

2018年11月8日、Da Phuoc廃棄物処理プラントの投資家であるベトナム廃棄物処理株式会社(VWS)は、ホーチミン市・ロンアン省・キエンザン省に米国の技術を搭載した廃棄物収集運搬車6台を手渡したという。

授与式において、VWSの社長Duong David氏は、それらの車両が安全・環境等の要素に配慮した厳しい基準に従い製造され、厳密な検査過程を通過した上で出荷された米国技術の特殊廃棄物運搬車であると述べた。

運搬車を受領する地方自治体の代表者として、ロンアン省人民委員副会長はVWSとホーチミン市指導者に対し感謝の意を表した。また3省の当局は、これらの車両を適切な用途に利用できることを保証し、3省をはじめ南部重点経済地区における清潔で美しい環境づくりを目指す。

コメントする

© This is source of the article

2018年11月8日、Da Phuoc廃棄物処理プラントの投資家であるベトナム廃棄物処理株式会社(VWS)は、ホーチミン市・ロンアン省・キエンザン省に米国の技術を搭載した廃棄物収集運搬車6台を手渡したという。

授与式において、VWSの社長Duong David氏は、それらの車両が安全・環境等の要素に配慮した厳しい基準に従い製造され、厳密な検査過程を通過した上で出荷された米国技術の特殊廃棄物運搬車であると述べた。

運搬車を受領する地方自治体の代表者として、ロンアン省人民委員副会長はVWSとホーチミン市指導者に対し感謝の意を表した。また3省の当局は、これらの車両を適切な用途に利用できることを保証し、3省をはじめ南部重点経済地区における清潔で美しい環境づくりを目指す。

コメントする