建設機械メーカー斗山建設(株)はベトナムで事業拡大

0
227

12月12日~14日までホーチミン市で開催されたベトナム国際機械・工業設備フェア2018(VIMAF)で、 斗山インフラコア(韓国)は、ベトナムで斗山の建設機械の独占販売代理店である建設開発・商業株式会社(DCC)と協力して、世界で最も人気を誇る二つの最先端の建設機械を紹介した。

韓国の二つの代表的な商品と他の最先端エンジンの紹介で、斗山インフラコアの代表は、今年のフェアがベトナムで同社の認知度アップのための絶好のチャンスであると述べた。

また、同社の代表者によると、現在、斗山ブランドの掘削機が独占販売業者DCCを通じてベトナムでの建設工事で多く使用されているという。

2019年、同社は策定した複数の計画を実現させることを目標にして、販売網の拡大、事業活動の多様化を図り、ベトナムでの大きなビジネスチャンスを手に入れる決心で、19建設機械市場で斗山のシェアの拡大及びDCCの威信確立を目指している。

今まで、DCCと斗山の掘削機が毎年数倍の成長率を引き続き達成しており、相場の掘削機の品質向上と、中古品より新品のシェア拡大と経済的効果確保に貢献してきた。

コメントする

© This is source of the article

12月12日~14日までホーチミン市で開催されたベトナム国際機械・工業設備フェア2018(VIMAF)で、 斗山インフラコア(韓国)は、ベトナムで斗山の建設機械の独占販売代理店である建設開発・商業株式会社(DCC)と協力して、世界で最も人気を誇る二つの最先端の建設機械を紹介した。

韓国の二つの代表的な商品と他の最先端エンジンの紹介で、斗山インフラコアの代表は、今年のフェアがベトナムで同社の認知度アップのための絶好のチャンスであると述べた。

また、同社の代表者によると、現在、斗山ブランドの掘削機が独占販売業者DCCを通じてベトナムでの建設工事で多く使用されているという。

2019年、同社は策定した複数の計画を実現させることを目標にして、販売網の拡大、事業活動の多様化を図り、ベトナムでの大きなビジネスチャンスを手に入れる決心で、19建設機械市場で斗山のシェアの拡大及びDCCの威信確立を目指している。

今まで、DCCと斗山の掘削機が毎年数倍の成長率を引き続き達成しており、相場の掘削機の品質向上と、中古品より新品のシェア拡大と経済的効果確保に貢献してきた。

コメントする