IPS誌:ベトナムは緑の成長を優先させ始める

0
312

ベトナムの経済は計画経済体制から市場経済への切り替えを決断して以来、多くの成果を遂げてきた。現在直面している環境問題に対し、ベトナムは緑の成長を優先させ始めた。

ベトナムのGGGI(Global Green Growth Institute)の代表Adam Ward氏によると、ベトナムの最大の課題は高いエネルギー需要だ。特に現在のGDP成長率に伴い、この需要の急増が見込まれるという。

第2の課題は気候変動である。ベトナムのメコンデルタは地球温暖化による被害に対し世界で最も脆弱な地域である。海水面上昇と干ばつが頻発しており、台風による影響が益々重大なものになりつつある。

第3の課題は都市部で暮らすベトナム人口の割合が約30%で、2050年に50%に増加する見込みだ。この都市部への人口集中は経済に多くのメリットをもたらす反面、交通や住宅などインフラ整備に問題を引き起こす恐れがある。

コメントする

© This is source of the article

ベトナムの経済は計画経済体制から市場経済への切り替えを決断して以来、多くの成果を遂げてきた。現在直面している環境問題に対し、ベトナムは緑の成長を優先させ始めた。

ベトナムのGGGI(Global Green Growth Institute)の代表Adam Ward氏によると、ベトナムの最大の課題は高いエネルギー需要だ。特に現在のGDP成長率に伴い、この需要の急増が見込まれるという。

第2の課題は気候変動である。ベトナムのメコンデルタは地球温暖化による被害に対し世界で最も脆弱な地域である。海水面上昇と干ばつが頻発しており、台風による影響が益々重大なものになりつつある。

第3の課題は都市部で暮らすベトナム人口の割合が約30%で、2050年に50%に増加する見込みだ。この都市部への人口集中は経済に多くのメリットをもたらす反面、交通や住宅などインフラ整備に問題を引き起こす恐れがある。

コメントする