農民によるナマズ種苗の養殖の面積の急増で計画が破綻する恐れ

0
72

この頃、ナマズ種苗の価格が常に高いレベルにあるため、南部地方ロンアン省のドン・タップ・ムオイ地域各郡の住民は当局の告知にも関わず養殖の面積を増加させ続けている。それは、地方の土地利用計画を破綻させ、供給過多や環境汚染を発生させる懸念が出た。

同省農業農村開発省の統計によると、2016年全省のナマズ種苗の養殖面積が300haだったが、現在2,500ha近くに及んだ。自発的なナマズ種苗養殖場の面積は、タン・フン群を中心に1,300ha増えたことをきっかけに、2017年末や2018年初に養殖面積の拡大傾向が始まった。

上記の問題を引き起こした主な要因は、ナマズ種苗の価格が常に高いためだ。また、隣接のアン・ザン省とドンタップ省でナマズの需要の高まりによって養殖されたナマズの販売が簡単だ。

収益性が高いにも関わず、養殖面積の連続的な拡大は安定した種苗の品質が確保できないこと等多くのリスクを抱えている。新築の養殖面積は稲作の計画区域にあるため、水系が養殖に相応しくない。養殖者が排水を直接に外に流すことが、環境汚染や疾病の流行の原因になり、養殖場の急増が供給過多をもたらす。

同省人民委員会が幾度も指導し、専門当局が警告を出していたが、収益性が非常に高いため、ナマズ養殖面積が減少どころか、増加してきた。

コメントする

© This is source of the article

この頃、ナマズ種苗の価格が常に高いレベルにあるため、南部地方ロンアン省のドン・タップ・ムオイ地域各郡の住民は当局の告知にも関わず養殖の面積を増加させ続けている。それは、地方の土地利用計画を破綻させ、供給過多や環境汚染を発生させる懸念が出た。

同省農業農村開発省の統計によると、2016年全省のナマズ種苗の養殖面積が300haだったが、現在2,500ha近くに及んだ。自発的なナマズ種苗養殖場の面積は、タン・フン群を中心に1,300ha増えたことをきっかけに、2017年末や2018年初に養殖面積の拡大傾向が始まった。

上記の問題を引き起こした主な要因は、ナマズ種苗の価格が常に高いためだ。また、隣接のアン・ザン省とドンタップ省でナマズの需要の高まりによって養殖されたナマズの販売が簡単だ。

収益性が高いにも関わず、養殖面積の連続的な拡大は安定した種苗の品質が確保できないこと等多くのリスクを抱えている。新築の養殖面積は稲作の計画区域にあるため、水系が養殖に相応しくない。養殖者が排水を直接に外に流すことが、環境汚染や疾病の流行の原因になり、養殖場の急増が供給過多をもたらす。

同省人民委員会が幾度も指導し、専門当局が警告を出していたが、収益性が非常に高いため、ナマズ養殖面積が減少どころか、増加してきた。

コメントする