ベトナムのBOPPフィルム:さらに5年間反ダンピング関税を課税

0
574

インドネシア・アンチ・ダンピング委員会(KADI)は、ベトナムとタイが輸出したBOPPフィルム(Biaxially Orented Polypropylene) に対し、アンチダンピング関税措置の適用期間を5年間延長することについて最終的な決議を正式に出したという。

ベトナム商工省の貿易救済局によると、これがKADIが2015年に調査を開始し、アンチダンピング措置を発動したケースという。

具体的には、2017年2月12日にKADIはこの関税措置の適用を継続するかどうか決めるためにサンセット・レビューを行った。

貿易救済局によると、タイとベトナムから輸入した、3920.20.10、3920.20.99 3920.20.91のHSコードのBOPPフィルム(Biaxially Orented Polypropylene)に対する反ダンピング関税措置の執行のサンセットレビュー(5年ごとの再調査)に関して インドネシア・アンチダンピング委員会が下した最終的な結論を受領した。

KADIは反ダンピング関税措置の適用期間の5年間延長に踏み切って、関税率をベトナム産のBOPPフィルムに対し3.9%、タイ産に対し28.4%に設定する。

コメントする

© This is source of the article

インドネシア・アンチ・ダンピング委員会(KADI)は、ベトナムとタイが輸出したBOPPフィルム(Biaxially Orented Polypropylene) に対し、アンチダンピング関税措置の適用期間を5年間延長することについて最終的な決議を正式に出したという。

ベトナム商工省の貿易救済局によると、これがKADIが2015年に調査を開始し、アンチダンピング措置を発動したケースという。

具体的には、2017年2月12日にKADIはこの関税措置の適用を継続するかどうか決めるためにサンセット・レビューを行った。

貿易救済局によると、タイとベトナムから輸入した、3920.20.10、3920.20.99 3920.20.91のHSコードのBOPPフィルム(Biaxially Orented Polypropylene)に対する反ダンピング関税措置の執行のサンセットレビュー(5年ごとの再調査)に関して インドネシア・アンチダンピング委員会が下した最終的な結論を受領した。

KADIは反ダンピング関税措置の適用期間の5年間延長に踏み切って、関税率をベトナム産のBOPPフィルムに対し3.9%、タイ産に対し28.4%に設定する。

コメントする