カント市チャ・ノック工業団地での火災:4,000リットルの石油タンク保護に成功

0
33

当初の報告によると、火災が12月26日19時21分に発生した。火災の発火点がプラスチックペレットの貯蔵所だったが、火が完成品の倉庫や発砲スチロール、プラスチック包装等のような可燃性物質の貯蔵所に燃え広がっていた。当初の火災面積は700平米と推定された。

火災が深刻化しつつあると判断した上で、現場の消火部隊の指揮者は同市警察庁長官に対し、軍事区域9、グリーン環境会社と他の2社を消火活動に動員するよう求めた。

当日23時25分、火災は鎮圧された。人的被害が出なかった。面積8,000平米の倉庫、発泡スチロールの完成品等、4,000リットルの石油タンクや他の多くの資産、施設の保護に成功した。

12月27日午後、取材者に対しカント市警察庁の指導者は現在、警察機関が火災原因の追及のために火災現場の調査を進めていると述べた。財産的損害が算定できないが、この企業は火災保険を購入したため保険会社による審査結果を待たなければならない。

コメントする

© This is source of the article

当初の報告によると、火災が12月26日19時21分に発生した。火災の発火点がプラスチックペレットの貯蔵所だったが、火が完成品の倉庫や発砲スチロール、プラスチック包装等のような可燃性物質の貯蔵所に燃え広がっていた。当初の火災面積は700平米と推定された。

火災が深刻化しつつあると判断した上で、現場の消火部隊の指揮者は同市警察庁長官に対し、軍事区域9、グリーン環境会社と他の2社を消火活動に動員するよう求めた。

当日23時25分、火災は鎮圧された。人的被害が出なかった。面積8,000平米の倉庫、発泡スチロールの完成品等、4,000リットルの石油タンクや他の多くの資産、施設の保護に成功した。

12月27日午後、取材者に対しカント市警察庁の指導者は現在、警察機関が火災原因の追及のために火災現場の調査を進めていると述べた。財産的損害が算定できないが、この企業は火災保険を購入したため保険会社による審査結果を待たなければならない。

コメントする