貧乏な癌の小児患者にテトの贈り物を逸早く贈り

0
925

1月23日、2019年旧正月を控え、保健省の「ゲイ・マイ・トゥオイ・サン」(Ngay mai tuoi sang=明るい明日へ)といったガン患者支援基金は中央血液学吸血研究院で治療を受けているミン防な癌の小児患者に贈り物を手渡した。

統計によると、毎年ベトナムでは164,600以上の癌の新規患者が発生し、なか1.5%が小児で、ガンによる死亡患者が約114.800人に上ることが明らかになった。

協力して癌の小児患者に対し痛みを和らげ、将来への希望を与えたいという思いで、「ゲイ・マイ・トゥオイ・サン」基金は中央血液学吸血研究院で手当を受けている貧弱な癌の小児患者100人への贈り物を送るのを実施した。

よって、この活動は手を取り合い癌患者に期待を与え、病気による痛みを緩和したいという考えのためだ。

過去7年間にわたり、同基金は、全国の24,040人の貧しい癌患者に対して治療を援助したり贈り物を送ることを実施して、援助総額が約240億VND(約1億1,900万円)になり、患者への薬の援助額が4,000億VND(約20億円)で、78,000人の人々に癌の早期発見のための診断の支援額が約450億VND(約2億2277万円)である。

さらに、同基金はテトに患者と配偶者の帰省を支援することを目的にする「チュエン・セー・イウ・トゥオン」(Chuyen xe yeu thuong=愛の帰省バス)プログラムのためにあらゆる資源を動員している。同プログラムは1月25日から31日までで、二回に分ける。1回目が1月25日午前、2回目が1月31日、いずれもK Tan Trieu病院から出発して中部や北部各省に向ける数本45人乗りのバスを運行させる予定だ。

コメントする

© This is source of the article

1月23日、2019年旧正月を控え、保健省の「ゲイ・マイ・トゥオイ・サン」(Ngay mai tuoi sang=明るい明日へ)といったガン患者支援基金は中央血液学吸血研究院で治療を受けているミン防な癌の小児患者に贈り物を手渡した。

統計によると、毎年ベトナムでは164,600以上の癌の新規患者が発生し、なか1.5%が小児で、ガンによる死亡患者が約114.800人に上ることが明らかになった。

協力して癌の小児患者に対し痛みを和らげ、将来への希望を与えたいという思いで、「ゲイ・マイ・トゥオイ・サン」基金は中央血液学吸血研究院で手当を受けている貧弱な癌の小児患者100人への贈り物を送るのを実施した。

よって、この活動は手を取り合い癌患者に期待を与え、病気による痛みを緩和したいという考えのためだ。

過去7年間にわたり、同基金は、全国の24,040人の貧しい癌患者に対して治療を援助したり贈り物を送ることを実施して、援助総額が約240億VND(約1億1,900万円)になり、患者への薬の援助額が4,000億VND(約20億円)で、78,000人の人々に癌の早期発見のための診断の支援額が約450億VND(約2億2277万円)である。

さらに、同基金はテトに患者と配偶者の帰省を支援することを目的にする「チュエン・セー・イウ・トゥオン」(Chuyen xe yeu thuong=愛の帰省バス)プログラムのためにあらゆる資源を動員している。同プログラムは1月25日から31日までで、二回に分ける。1回目が1月25日午前、2回目が1月31日、いずれもK Tan Trieu病院から出発して中部や北部各省に向ける数本45人乗りのバスを運行させる予定だ。

コメントする