約13億USDの新築火力発電所 間もなく稼働開始

0
449

2月14日にベトナム電力公社(EVN)が投資主であるタイ・ビン火力発電所(2x300MW)は、4年以上の建設・試運転を経て正式に稼働を開始した。これは、首相による批准を受けた、2030年までのビジョン2011年~2020年段階の国家電力開発計画の一部であるタイビン電力センターの2つの発電所の一つである。同所の総投資額は26兆5千億VND(約12.7億USD)、うち85%はJICA(国際協力機構)によるODA(政府開発援助)、残りの15%はEVNが出資した。

EVNの取締役会長であるDuong Quang Thanh氏によると、同所は従来型の蒸気凝縮技術や超臨界圧ボイラーを搭載している。これは世界で広く使用されている技術であり、ベトナムの基準と国際基準に従って環境保護の要件を満たす。材料は北部クアンニン省からの国内無煙炭。

4年以上にわたり建設、設備の設置・調整の後、2の発電プラントは2018年4月から安全・安定的に営業運転を開始した。国家グリッドに30億超kWhの電力を提供するとともに、1,800億VNDを地方の予算に納入した。

コメントする

© This is source of the article

2月14日にベトナム電力公社(EVN)が投資主であるタイ・ビン火力発電所(2x300MW)は、4年以上の建設・試運転を経て正式に稼働を開始した。これは、首相による批准を受けた、2030年までのビジョン2011年~2020年段階の国家電力開発計画の一部であるタイビン電力センターの2つの発電所の一つである。同所の総投資額は26兆5千億VND(約12.7億USD)、うち85%はJICA(国際協力機構)によるODA(政府開発援助)、残りの15%はEVNが出資した。

EVNの取締役会長であるDuong Quang Thanh氏によると、同所は従来型の蒸気凝縮技術や超臨界圧ボイラーを搭載している。これは世界で広く使用されている技術であり、ベトナムの基準と国際基準に従って環境保護の要件を満たす。材料は北部クアンニン省からの国内無煙炭。

4年以上にわたり建設、設備の設置・調整の後、2の発電プラントは2018年4月から安全・安定的に営業運転を開始した。国家グリッドに30億超kWhの電力を提供するとともに、1,800億VNDを地方の予算に納入した。

コメントする