バンブーエアウェイルズ:定時運航率でトップ

0
2

1月19日から2月18日にかけて、バンブーエアウェイルズは507便を運航し、その中479便は予定通りに離陸し、28便は遅れ、欠航便がないことが明らかになった。

FLC航空会社はベトナム国内航空会社で最も遅延率が低い。それについて同社の代表者は、「安全性及び定期運航の確保は全フライトに5つ星品質のサービスを提供する上での最大の目標の一つです」と述べた。

他の航空会社の定期運航率は74.5%~90.8%変動。

航空市場では新人であるにもかかわらず、バンブーエアウェイルズは国内線及び国際線の開通を加速している。

同社は、グエン・フ・チョン書記長兼主席とドナルド・トランプ大統領が見守っている中、幅広胴体のBoeing 787-9 Dreamliner航空機10機を購入する契約を締結した。これらの幅広胴体のBoeing機は2020年第3四半期からバンブーエアウェイルズに引き渡される見通し。

コメントする

© This is source of the article

1月19日から2月18日にかけて、バンブーエアウェイルズは507便を運航し、その中479便は予定通りに離陸し、28便は遅れ、欠航便がないことが明らかになった。

FLC航空会社はベトナム国内航空会社で最も遅延率が低い。それについて同社の代表者は、「安全性及び定期運航の確保は全フライトに5つ星品質のサービスを提供する上での最大の目標の一つです」と述べた。

他の航空会社の定期運航率は74.5%~90.8%変動。

航空市場では新人であるにもかかわらず、バンブーエアウェイルズは国内線及び国際線の開通を加速している。

同社は、グエン・フ・チョン書記長兼主席とドナルド・トランプ大統領が見守っている中、幅広胴体のBoeing 787-9 Dreamliner航空機10機を購入する契約を締結した。これらの幅広胴体のBoeing機は2020年第3四半期からバンブーエアウェイルズに引き渡される見通し。

コメントする