ユニクロ:ベトナム1号店のスタッフを募集開始

0
159

日系企業向けの人材紹介事業に特化するある業者がホーチミン市にあるユニクロの1号店の店舗管理者と店員の求人情報を掲載した。仕事の内容に関して、店舗管理者はユニクロの世界への事業拡大に役に立てる人材で、店員に対しては大卒生及び英語力が求められるという。

それはユニクロによるベトナム出店計画の新たな動きとみられている。今年秋のホーチミン市内に初出店は、ファーストリテイリング(ユニクロを傘下に持つ企業)の年次報告書にも言及された。ユニクロは、2018年10月初旬にベトナム法人を二人有限会社の形態で設立申請を行った。

この数年、ベトナムのアパレル市場では、ザラやH&M等の世界有数のアパレル企業の進出が注目を集めてきた。ドイツの市場研究会社Statistics Portalの研究によると、2017年~2022年期の年平均成長率が22.5%になることが見込まれるという。こうした高い成長率を持って、同市場は2022年に売り上げが9億8800万USDに達する見通し。

 

 

コメントする

© This is source of the article

日系企業向けの人材紹介事業に特化するある業者がホーチミン市にあるユニクロの1号店の店舗管理者と店員の求人情報を掲載した。仕事の内容に関して、店舗管理者はユニクロの世界への事業拡大に役に立てる人材で、店員に対しては大卒生及び英語力が求められるという。

それはユニクロによるベトナム出店計画の新たな動きとみられている。今年秋のホーチミン市内に初出店は、ファーストリテイリング(ユニクロを傘下に持つ企業)の年次報告書にも言及された。ユニクロは、2018年10月初旬にベトナム法人を二人有限会社の形態で設立申請を行った。

この数年、ベトナムのアパレル市場では、ザラやH&M等の世界有数のアパレル企業の進出が注目を集めてきた。ドイツの市場研究会社Statistics Portalの研究によると、2017年~2022年期の年平均成長率が22.5%になることが見込まれるという。こうした高い成長率を持って、同市場は2022年に売り上げが9億8800万USDに達する見通し。

 

 

コメントする