日本:ベトナム製のチリソース18,000本以上を回収

0
108

4月2日、大阪市立医療センターは、食品安全基準法及び食品表示法違反として、「チンス」ブランドのベトナム製チリソース18,168本の回収を要請したことが大阪市ポータルwww.city.osaka.lg.jpに掲載された。

具体的には、上記のチリソースは、Javis Co., Ltd(大阪拠点)が2018年12月7日にベトナムから輸入してアイ・エス・シー工業株式会社(神戸拠点)に転売した757ケースからなる3つのロットにあり、賞味期限それぞれ2019年6月10日、2019年6月17日と2019年7月6日。輸入社は、ISCに販売した際に日本でチリソースへの使用が原則禁止となる安息香酸が商品の原材料にあることを輸入品のラベルに表示しなかった。

国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)によると、毎日、体重1キロ当たり5mgの安息香酸を摂取し続けることが体に影響を及ばないことが判明された。それによって、大阪市ポータルは、この「チンス」チリソース使用が直ちに人体に影響を与えないことを確認した。但し、日本で、安息香酸はチリソースに使用が禁止されるが、マーガリン、シロップ、ソフトドリンク、醤油に入っています。

 

 

コメントする

© This is source of the article

4月2日、大阪市立医療センターは、食品安全基準法及び食品表示法違反として、「チンス」ブランドのベトナム製チリソース18,168本の回収を要請したことが大阪市ポータルwww.city.osaka.lg.jpに掲載された。

具体的には、上記のチリソースは、Javis Co., Ltd(大阪拠点)が2018年12月7日にベトナムから輸入してアイ・エス・シー工業株式会社(神戸拠点)に転売した757ケースからなる3つのロットにあり、賞味期限それぞれ2019年6月10日、2019年6月17日と2019年7月6日。輸入社は、ISCに販売した際に日本でチリソースへの使用が原則禁止となる安息香酸が商品の原材料にあることを輸入品のラベルに表示しなかった。

国連食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)によると、毎日、体重1キロ当たり5mgの安息香酸を摂取し続けることが体に影響を及ばないことが判明された。それによって、大阪市ポータルは、この「チンス」チリソース使用が直ちに人体に影響を与えないことを確認した。但し、日本で、安息香酸はチリソースに使用が禁止されるが、マーガリン、シロップ、ソフトドリンク、醤油に入っています。

 

 

コメントする