米国:ベトナム産エビへの反ダンピング関税を0%にする

0
227

ベトナム水産輸出加工協会(VASEP)チュオン・ディン・ホエ総書記によると、米国商務省が4月10日、ベトナム2社と29関連企業に対し、ベトナム産エビへの新しい反ダンピング(不当廉売)関税率を0%にすると発表したことが判明された。これは米国・ベトナム産エビの反ダンピング訴訟における第13回の行政審査の予備的な関税結果となった。

具体的には、米国は地場系サオター企業とニャチャン企業の他、約29企業に対して関税率0%を適用することに同意した。

その結果に先立ち、2016年2月1日から2017年1月31日までの第12回の行政審査段階における最終結果の反ダンピング関税率が4.58%だったという。

 

 

コメントする

© This is source of the article

ベトナム水産輸出加工協会(VASEP)チュオン・ディン・ホエ総書記によると、米国商務省が4月10日、ベトナム2社と29関連企業に対し、ベトナム産エビへの新しい反ダンピング(不当廉売)関税率を0%にすると発表したことが判明された。これは米国・ベトナム産エビの反ダンピング訴訟における第13回の行政審査の予備的な関税結果となった。

具体的には、米国は地場系サオター企業とニャチャン企業の他、約29企業に対して関税率0%を適用することに同意した。

その結果に先立ち、2016年2月1日から2017年1月31日までの第12回の行政審査段階における最終結果の反ダンピング関税率が4.58%だったという。

 

 

コメントする