カントー空港は、日本からの初のチャーター便を歓迎

0
541

2018年11月1日午後、カントー国際空港において、カントー市人民委員会とベトナム商工会議所のカントー支部(VCCI Can Tho)の代表者は、日系企業100社超の120人の営業者を乗せたカントー市着のチャーター便の歓迎式を行ったという。

これは、「日越友好関係樹立45周年の記念式」及び「第4回日越文化・経済交流祭り」に参加すると同時に、メコンデルタにおける投資機会の開拓のための調査でベトナムを訪問する営業者達を乗せる航空便である。

カントー市国際空港は、国際民間航空機関(ICAO)の基準に準拠した4Eクラスの空港であり、B747-400又は同様な航空機に対応できる 3.000 m x 45 m骨相路を持ち、旅客処理能力(推定値)が年間300万人に上る見通し。しかし、現在、同空港はカントーからハノイ市、ダナン市、フーコク島、コンダオ島行きの国内線のみを就航しているという。

コメントする

© This is source of the article

2018年11月1日午後、カントー国際空港において、カントー市人民委員会とベトナム商工会議所のカントー支部(VCCI Can Tho)の代表者は、日系企業100社超の120人の営業者を乗せたカントー市着のチャーター便の歓迎式を行ったという。

これは、「日越友好関係樹立45周年の記念式」及び「第4回日越文化・経済交流祭り」に参加すると同時に、メコンデルタにおける投資機会の開拓のための調査でベトナムを訪問する営業者達を乗せる航空便である。

カントー市国際空港は、国際民間航空機関(ICAO)の基準に準拠した4Eクラスの空港であり、B747-400又は同様な航空機に対応できる 3.000 m x 45 m骨相路を持ち、旅客処理能力(推定値)が年間300万人に上る見通し。しかし、現在、同空港はカントーからハノイ市、ダナン市、フーコク島、コンダオ島行きの国内線のみを就航しているという。

コメントする