ベトナムサッカー代表のクアン・ハイ選手は、日本の二部サッカークラブから移籍オファーを受けた

0
692

タイとカタールに次ぎ、ハノイFCクラブ(ハノイ市サッカークラブ)は先程、ミッドフィルダーの役割を務めるクアン・ハイ選手の移籍オファーを日本より受けた。具体的にはレノファ山口クラブ(日本)の幹部は、ハノイクラブの指導者宛てに移籍要望レターを送り、優秀なグエン・クアン・ハイ選手の同日本クラブへの移籍要望を語った。

ハノイクラブの取締役であるグエン・くオク・トゥアンさんは、「クアンさんは海外クラブに入ってもレンタル移籍だけで、ハノイFCクラブは絶対チームの若い選手を売らない。しかも、クアンハイ選手の将来の重要性を認識しているため、彼が移籍するクラブは一流クラブであるべき。」と強調した。 レノファ山口グラブは現在J2リーグに所属、31戦終了時点で勝点44の12位。

コメントする

© This is source of the article

タイとカタールに次ぎ、ハノイFCクラブ(ハノイ市サッカークラブ)は先程、ミッドフィルダーの役割を務めるクアン・ハイ選手の移籍オファーを日本より受けた。具体的にはレノファ山口クラブ(日本)の幹部は、ハノイクラブの指導者宛てに移籍要望レターを送り、優秀なグエン・クアン・ハイ選手の同日本クラブへの移籍要望を語った。

ハノイクラブの取締役であるグエン・くオク・トゥアンさんは、「クアンさんは海外クラブに入ってもレンタル移籍だけで、ハノイFCクラブは絶対チームの若い選手を売らない。しかも、クアンハイ選手の将来の重要性を認識しているため、彼が移籍するクラブは一流クラブであるべき。」と強調した。 レノファ山口グラブは現在J2リーグに所属、31戦終了時点で勝点44の12位。

コメントする