ベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA)発効でベトナム企業が大きな利益を受ける

0
16

欧州委員会(EC)はこの頃、2018年末に欧州評議会にベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA)を提出し、正式調印への承認を受けた後、2019年初頃欧州議会に批准申請で提出する予定で意見が一致したという。

EVFTA協定は、新世代のFTAとみなされ、ベトナムが締結した従来的なFTAと異なるものである。同協定では、ベトナム欧州間の殆どの関税が撤廃されることになる。同協定の発効により、欧州へのベトナムの輸出品の71%が免税の対象となり、次の7年間でこの割合が99%に上昇する見通し。

この協定は、欧州へ輸出事業を手がけているベトナム企業に大きな利益をもたらすと期待される。商工省の推定によると、同協定の発効後約10年間でベトナムGDP(国内総生産)は10~15%に増加し、欧州への輸出量が30~40%に上昇する見通し。

コメントする

© This is source of the article

欧州委員会(EC)はこの頃、2018年末に欧州評議会にベトナム・EU自由貿易協定(EVFTA)を提出し、正式調印への承認を受けた後、2019年初頃欧州議会に批准申請で提出する予定で意見が一致したという。

EVFTA協定は、新世代のFTAとみなされ、ベトナムが締結した従来的なFTAと異なるものである。同協定では、ベトナム欧州間の殆どの関税が撤廃されることになる。同協定の発効により、欧州へのベトナムの輸出品の71%が免税の対象となり、次の7年間でこの割合が99%に上昇する見通し。

この協定は、欧州へ輸出事業を手がけているベトナム企業に大きな利益をもたらすと期待される。商工省の推定によると、同協定の発効後約10年間でベトナムGDP(国内総生産)は10~15%に増加し、欧州への輸出量が30~40%に上昇する見通し。

コメントする