メコンデルタは、日本からの投資を求める63件のプロジェクトを紹介

0
13

ベトナム商工会議所(VCCI)とホーチミン市での日本貿易振興機構(JETRO)の主催で、メコンデルタ13省・市の投資観光促進センターのクラブと協力で、「日・メコンビジネスフォーラム」は11月3日午前カントー市で行われた。

日本とメコンデルタ地域との協力の可能性が非常に高いが、現在同地域での日本の投資は韓国・台湾(中国)、シンガポールに次ぎ4位にとどまっているのが実情である。メコンデルタの最大の強みは、各企業に貢献できる、教育されたアクティブな若手の人材である。農業・加工・製造・観光・貿易サービス等は、同地域の未開拓な潜在的能力がある分野であり、それらの分野の発展に最も最良のパートナーが日本と期待されている。

2018年10月までの統計結果によると、メコンデルタ地域は日本からのFDI案件169件を誘致しており、登録投資総額が2兆2130億USD(約252兆2820億円)で、同地域のFDI総投資額の10.5%を占めているという。

コメントする

© This is source of the article

ベトナム商工会議所(VCCI)とホーチミン市での日本貿易振興機構(JETRO)の主催で、メコンデルタ13省・市の投資観光促進センターのクラブと協力で、「日・メコンビジネスフォーラム」は11月3日午前カントー市で行われた。

日本とメコンデルタ地域との協力の可能性が非常に高いが、現在同地域での日本の投資は韓国・台湾(中国)、シンガポールに次ぎ4位にとどまっているのが実情である。メコンデルタの最大の強みは、各企業に貢献できる、教育されたアクティブな若手の人材である。農業・加工・製造・観光・貿易サービス等は、同地域の未開拓な潜在的能力がある分野であり、それらの分野の発展に最も最良のパートナーが日本と期待されている。

2018年10月までの統計結果によると、メコンデルタ地域は日本からのFDI案件169件を誘致しており、登録投資総額が2兆2130億USD(約252兆2820億円)で、同地域のFDI総投資額の10.5%を占めているという。

コメントする