ビナミルク:米国から純血種牛1,600頭を輸入し続ける

0
2

地場大手のベトナムミルク株式会社(ビナミルク)は、3月8月に、同社と米国のパトナーの熟練した経験豊富な専門家による厳格な選出プロセスを経た牛1,600頭を輸出したことを発表した。

中にホルスタイン・フリーシアン種 (HF)純血種の牛1,100頭とA2純血種の妊娠中の牛500頭が含まれる。1周期の搾乳量は12,000リットルを超える見込み。輸入されたA2牛はベトナムにおけるA2牛乳生産のための原材料の現地調達比率の上昇につなげると期待されている。

輸入された牛群れは、ベナミルク・タインホアの集約型ハイテク酪農場複合施設の第2番酪農場に移転される。それに先立つ昨年6月初旬、同社はニュージランドから直接輸入した、ベトナムで初めてのA2の繁殖用牛200頭以上を受け入れ、同施設の第1番酪農場で飼養をしている。

2020年まで、同施設の残りの3酪農場は計画通りに竣工を迎え、その中オーガニック(有機)牛乳を飼育する1酪農場があり、同施設の規模を牛20,000頭に拡大、年間牛乳生産量(推定)は11,000リットル以上に達する見通し。

コメントする

© This is source of the article

地場大手のベトナムミルク株式会社(ビナミルク)は、3月8月に、同社と米国のパトナーの熟練した経験豊富な専門家による厳格な選出プロセスを経た牛1,600頭を輸出したことを発表した。

中にホルスタイン・フリーシアン種 (HF)純血種の牛1,100頭とA2純血種の妊娠中の牛500頭が含まれる。1周期の搾乳量は12,000リットルを超える見込み。輸入されたA2牛はベトナムにおけるA2牛乳生産のための原材料の現地調達比率の上昇につなげると期待されている。

輸入された牛群れは、ベナミルク・タインホアの集約型ハイテク酪農場複合施設の第2番酪農場に移転される。それに先立つ昨年6月初旬、同社はニュージランドから直接輸入した、ベトナムで初めてのA2の繁殖用牛200頭以上を受け入れ、同施設の第1番酪農場で飼養をしている。

2020年まで、同施設の残りの3酪農場は計画通りに竣工を迎え、その中オーガニック(有機)牛乳を飼育する1酪農場があり、同施設の規模を牛20,000頭に拡大、年間牛乳生産量(推定)は11,000リットル以上に達する見通し。

コメントする