ラムドン省の農家は茶園を伐採

0
10

2015年末に、ラムドン省全地域には21,000haの茶畑があり、それらの畑が主に適切な土質や気候に恵まれるバオラム群とバオロック市に集まっている。しかし今年9月に、全省で茶畑の面積はわずか13,000haだけ残っている。

注意してほしいのは、ラムドン省の農家が、100年近く茶の木に携わり、B’LaoやCau Dat – Da Lat栽培地から生まれた、国内と外国に著名のお茶ブランドを有している。しかし、多くの茶畑は現在、持ち主によって伐採され、より高い利益率と安定した市場のある他の作物に切り替えられている。

この近年、お茶の価格の急落と消費市場の低迷が続いてきた中、管理当局やお茶の加工企業と販売企業は、同地域の茶産業における発展の方向性を定め、お茶生産の農家の生計を確保するのが困難になったのは実情だ。

コメントする

© This is source of the article

2015年末に、ラムドン省全地域には21,000haの茶畑があり、それらの畑が主に適切な土質や気候に恵まれるバオラム群とバオロック市に集まっている。しかし今年9月に、全省で茶畑の面積はわずか13,000haだけ残っている。

注意してほしいのは、ラムドン省の農家が、100年近く茶の木に携わり、B’LaoやCau Dat – Da Lat栽培地から生まれた、国内と外国に著名のお茶ブランドを有している。しかし、多くの茶畑は現在、持ち主によって伐採され、より高い利益率と安定した市場のある他の作物に切り替えられている。

この近年、お茶の価格の急落と消費市場の低迷が続いてきた中、管理当局やお茶の加工企業と販売企業は、同地域の茶産業における発展の方向性を定め、お茶生産の農家の生計を確保するのが困難になったのは実情だ。

コメントする