中国の「独身の日」がベトナムに力強く拡大

0
12

アリババグループが中国でここ10年間近く仕掛けた「独身の日」のオンラインショッピングイベントは、ベトナムで特売セールを広げた、白熱した商戦となった。

11月11日の1週間前に、ベトナムにおける主要なショッピングアプリは、モバイル上のアイコン更新を始めてきた。Lazada、Shopee、Tiki、Robins等の全てのアイコンに「11・11」が追加された。それらのアプリは、携帯電話を振るとコイン(買い物利用のポイント)を獲得したり、宝くじ、割引コード探査マップ等顧客の関心を引くような多くの活動を実施してきた。

「11月11日」は、1年間で最大規模の通販セールの日として知られているが、なぜ選べられている理由が未だ説明されていない。しかし、消費者と通販業界は、今年の11月11日のイベントにおける小売業者の競争がかなり激しくなったことを確認した。

東南アジア地域でインドネシアに次ぎ、活気に満ちたネット通販市場であるベトナムの「11月11日」商戦の熾烈は今後数年後もまだ続いてしまうことが予測されている。

コメントする

© This is source of the article

アリババグループが中国でここ10年間近く仕掛けた「独身の日」のオンラインショッピングイベントは、ベトナムで特売セールを広げた、白熱した商戦となった。

11月11日の1週間前に、ベトナムにおける主要なショッピングアプリは、モバイル上のアイコン更新を始めてきた。Lazada、Shopee、Tiki、Robins等の全てのアイコンに「11・11」が追加された。それらのアプリは、携帯電話を振るとコイン(買い物利用のポイント)を獲得したり、宝くじ、割引コード探査マップ等顧客の関心を引くような多くの活動を実施してきた。

「11月11日」は、1年間で最大規模の通販セールの日として知られているが、なぜ選べられている理由が未だ説明されていない。しかし、消費者と通販業界は、今年の11月11日のイベントにおける小売業者の競争がかなり激しくなったことを確認した。

東南アジア地域でインドネシアに次ぎ、活気に満ちたネット通販市場であるベトナムの「11月11日」商戦の熾烈は今後数年後もまだ続いてしまうことが予測されている。

コメントする