ベトナム航空はCRJ900 Bombardier航空機の試験飛行に参加

0
8

2018年11月20日、ボンバルディア航空機のメーカー(カナダ)は、ベトナム航空の出席の下でボンバルディアCRJ900小型ジェット機のデモンストレーション飛行を行ったという。

ボンバルディアCRJ900のデモ飛行は、当日12時にノイバイ国際空港に離陸して、ハロン湾の周りに飛んでから13時15分にノイバイ空港に戻り、総飛行時間が1時間15分だった。

現在、ベトナム航空は他のジェット機の導入効率について研究を進んでいる。

2030年に向け2021年~2025年期ベトナム航空の全体的な発展計画では、同社は約20機の小型ジェット機を有する予定。同社は適切な小型のジェット機を選択した後、試行用として約6か月間で数機のジェット機のウェットリーズを行う予定で、実際に導入効率を評価した上で、既存のATR 72を差し替えるためにこのジェット機の購入又は賃貸を決定する方針。

コメントする

© This is source of the article

2018年11月20日、ボンバルディア航空機のメーカー(カナダ)は、ベトナム航空の出席の下でボンバルディアCRJ900小型ジェット機のデモンストレーション飛行を行ったという。

ボンバルディアCRJ900のデモ飛行は、当日12時にノイバイ国際空港に離陸して、ハロン湾の周りに飛んでから13時15分にノイバイ空港に戻り、総飛行時間が1時間15分だった。

現在、ベトナム航空は他のジェット機の導入効率について研究を進んでいる。

2030年に向け2021年~2025年期ベトナム航空の全体的な発展計画では、同社は約20機の小型ジェット機を有する予定。同社は適切な小型のジェット機を選択した後、試行用として約6か月間で数機のジェット機のウェットリーズを行う予定で、実際に導入効率を評価した上で、既存のATR 72を差し替えるためにこのジェット機の購入又は賃貸を決定する方針。

コメントする