ベトテル:2019年頭にベトナムで5G技術導入を牽引

0
16

地場系軍隊通信グループ(ベトテル=Viettel)タオ・ドゥック・タイン副社長は、ベトテルが情報通信省の方針に呼応し業界に先駆けて2019年頭に5G技術(モバイルネットワークの第五世代技術)の導入を予定通りに実施すると述べた。

さらに、ベトテルは5G通信の基地局の設備製造の研究に力を入れている。同社、2015年に5G技術開発・研究チームを設立した。

現在ベトテルは、5Gデバイス用のソフトウェアの核心的な技術を獲得し、高周波トランシーバブロックのハードウェアと5Gデバイスの物理層の設計ノウハウをマスターしたり、肯定的な成果を達成した。

他の通信業者が持っていない利点の上に、準備万端整っているベトテルは、2019年に第1バージョンの5G通信基地局の試験的な建設工事を完了、2020年に5G基地局ネットワークの稼働を実施、2021年に本格的に商売を行うことを目標に設定した。

コメントする

© This is source of the article

地場系軍隊通信グループ(ベトテル=Viettel)タオ・ドゥック・タイン副社長は、ベトテルが情報通信省の方針に呼応し業界に先駆けて2019年頭に5G技術(モバイルネットワークの第五世代技術)の導入を予定通りに実施すると述べた。

さらに、ベトテルは5G通信の基地局の設備製造の研究に力を入れている。同社、2015年に5G技術開発・研究チームを設立した。

現在ベトテルは、5Gデバイス用のソフトウェアの核心的な技術を獲得し、高周波トランシーバブロックのハードウェアと5Gデバイスの物理層の設計ノウハウをマスターしたり、肯定的な成果を達成した。

他の通信業者が持っていない利点の上に、準備万端整っているベトテルは、2019年に第1バージョンの5G通信基地局の試験的な建設工事を完了、2020年に5G基地局ネットワークの稼働を実施、2021年に本格的に商売を行うことを目標に設定した。

コメントする