マグロのコンテナ50本が港で滞留、業者は苦しむ

0
18

生マグロを収容したコンテナ50本が港で立ち往生した出来事の後、ベトナム水産物流輸出・加工者協会(VASEP)は、農業農村開発省グエン・ヴァン・クオン大臣に対し、通達第154/2018/CV-VASEP号を発行し、ベトナムまでコンテナで運搬された、漁船から輸入された水産物の検疫作業の課題に取り組むよう求めた。

また、VASEPは、解決策の策定のために同協会が加工原料魚の輸入業者と面談を行い、直面している課題を明確にすることを農業省に提案した。

一方で、VASEPも、港で滞留中のコンテナをなるべく早く放出し、業者の損失を削減するために、通達第26/2016号の改正を待っている間、改正現行の規定に沿う検疫を許可するよう同省にも求めた。

農業農村開発省は、科学技術省がラベル記入を規定する通達第43/2017号を発行するまで、冷凍の魚が収納された場合、コンテナにラベルを貼り付けないよう輸入業者に要請した。

コメントする

© This is source of the article

生マグロを収容したコンテナ50本が港で立ち往生した出来事の後、ベトナム水産物流輸出・加工者協会(VASEP)は、農業農村開発省グエン・ヴァン・クオン大臣に対し、通達第154/2018/CV-VASEP号を発行し、ベトナムまでコンテナで運搬された、漁船から輸入された水産物の検疫作業の課題に取り組むよう求めた。

また、VASEPは、解決策の策定のために同協会が加工原料魚の輸入業者と面談を行い、直面している課題を明確にすることを農業省に提案した。

一方で、VASEPも、港で滞留中のコンテナをなるべく早く放出し、業者の損失を削減するために、通達第26/2016号の改正を待っている間、改正現行の規定に沿う検疫を許可するよう同省にも求めた。

農業農村開発省は、科学技術省がラベル記入を規定する通達第43/2017号を発行するまで、冷凍の魚が収納された場合、コンテナにラベルを貼り付けないよう輸入業者に要請した。

コメントする