TPバンクは音声で顧客識別の機能を導入

0
20

11月27日、TPバンク(TPBank)コールセンターに電話する際、音声識別サービスを申し込んだ顧客は、身分証明書、口座開設日等個人的な情報についての質問を回答せず、直接にコールセンターのスタッフにお問い合わせすることが可能になる。音声で正確かつ安全に口座所有者を識別する同行のシステムによって、顧客は30秒を節約することができる見通し。

このサービスを使用するには、顧客はTPBankセンターまで電話し、同行のシステムに顧客の音声を保存させる必要がある。それが終了すると次回、顧客がコールセンターのスタッフに電話する間に、システムは数秒以内で顧客の声を自動的に確認する仕組み。

2018年、TPバンクは窓口の銀行員によるサービス品質の向上と共に、無人銀行サービス「ライブバンク(LiveBank)」のセルフ窓口端末における即時ATMカード開設や身分証明書又はパスポートでの振込24時間化、カードを使わず指紋・QRコード・身分証明書だけで引き出しできるサービス、普通のセキュリティ質問に頼らない音声による顧客識別等、画期的な銀行ソリューションを展開してきた。

コメントする

© This is source of the article

11月27日、TPバンク(TPBank)コールセンターに電話する際、音声識別サービスを申し込んだ顧客は、身分証明書、口座開設日等個人的な情報についての質問を回答せず、直接にコールセンターのスタッフにお問い合わせすることが可能になる。音声で正確かつ安全に口座所有者を識別する同行のシステムによって、顧客は30秒を節約することができる見通し。

このサービスを使用するには、顧客はTPBankセンターまで電話し、同行のシステムに顧客の音声を保存させる必要がある。それが終了すると次回、顧客がコールセンターのスタッフに電話する間に、システムは数秒以内で顧客の声を自動的に確認する仕組み。

2018年、TPバンクは窓口の銀行員によるサービス品質の向上と共に、無人銀行サービス「ライブバンク(LiveBank)」のセルフ窓口端末における即時ATMカード開設や身分証明書又はパスポートでの振込24時間化、カードを使わず指紋・QRコード・身分証明書だけで引き出しできるサービス、普通のセキュリティ質問に頼らない音声による顧客識別等、画期的な銀行ソリューションを展開してきた。

コメントする