輸出促進で農薬の管理へ

0
35

毎年、農業農村開発省の植物保護局は、ベトナムの食品にある農薬残留量が基準を超過していることについて輸入国から多くのクレームを受けているのが現状。これを克服するために、農薬に関する各市場の条件を迅速に把握し、トレーサビリティを明確にすることが求められている。

11月27日、ハノイで農業農村開発省は「ベトナムの輸出力強化及び食品安全意識の向上:農薬管理の役割」をテーマにしたセミナーを行った。

米国農業省Jason Sandahi大臣は、農家がヨーロッパ、アメリカ、アジア等主要市場への農産物の国際取引における技術的条件の最新情報を把握した上で、商品の生産・輸出のためのツールを持つべきであると示した。それによって、農家、関係当局と産業界が互いに協力し合う姿勢が重要であると述べた。

また、農家が農薬使用を一貫して実施し、農薬残留許容基準値と他の関連規定を徹底的に遵守することが求められる。農薬は危険性よりリスクを元に判断されるものである。全ての基準の調和は各国で適用される方法であるとJason Sandahi氏が強調した。

コメントする

© This is source of the article

毎年、農業農村開発省の植物保護局は、ベトナムの食品にある農薬残留量が基準を超過していることについて輸入国から多くのクレームを受けているのが現状。これを克服するために、農薬に関する各市場の条件を迅速に把握し、トレーサビリティを明確にすることが求められている。

11月27日、ハノイで農業農村開発省は「ベトナムの輸出力強化及び食品安全意識の向上:農薬管理の役割」をテーマにしたセミナーを行った。

米国農業省Jason Sandahi大臣は、農家がヨーロッパ、アメリカ、アジア等主要市場への農産物の国際取引における技術的条件の最新情報を把握した上で、商品の生産・輸出のためのツールを持つべきであると示した。それによって、農家、関係当局と産業界が互いに協力し合う姿勢が重要であると述べた。

また、農家が農薬使用を一貫して実施し、農薬残留許容基準値と他の関連規定を徹底的に遵守することが求められる。農薬は危険性よりリスクを元に判断されるものである。全ての基準の調和は各国で適用される方法であるとJason Sandahi氏が強調した。

コメントする