9か月長引いたビナサンタクシーによるグラブ訴訟の閉幕?

0
42

11月30日、ビナサンタクシー社による配車アプリグラブ(Grab)訴訟の裁判は、9か月以上長引いた末ようやく行われた。双方の「勝敗の決め手のない」議論により、最終判決を下すのが容易ではないだろう。

一方で、経済部門の多くの専門家は、情報技術が発展しており、経済協力が相互利益に繋がるのが当たり前のことになりつつある中、伝統的なタクシー事業とテクノロジータクシーが互いに敵視する代わりに提携していたほうがいいと指摘した。

多くの異なる議論が混乱している中、最終判決を言い渡すのが非常に困難になる。なぜなら、グラブに有利な判決である場合、複数の伝統的なタクシー業者から激しい反対の声を浴びせられる。逆にグラブに不利な判決であれば、消費者の反応に直面、ビジネス投資環境に悪影響を与えることが懸念されている。

被告側を代表したグラブベトナムは、ベトナム人に最大の利益を提供するために、ビナサンをはじめ他の伝統的なタクシー業者と対立せず、協力していきたい意欲を表明したことから、恐らくビナサンからの調和的な握手しかこの稀な訴訟を締めくくることができないだろう。

コメントする

© This is source of the article

11月30日、ビナサンタクシー社による配車アプリグラブ(Grab)訴訟の裁判は、9か月以上長引いた末ようやく行われた。双方の「勝敗の決め手のない」議論により、最終判決を下すのが容易ではないだろう。

一方で、経済部門の多くの専門家は、情報技術が発展しており、経済協力が相互利益に繋がるのが当たり前のことになりつつある中、伝統的なタクシー事業とテクノロジータクシーが互いに敵視する代わりに提携していたほうがいいと指摘した。

多くの異なる議論が混乱している中、最終判決を言い渡すのが非常に困難になる。なぜなら、グラブに有利な判決である場合、複数の伝統的なタクシー業者から激しい反対の声を浴びせられる。逆にグラブに不利な判決であれば、消費者の反応に直面、ビジネス投資環境に悪影響を与えることが懸念されている。

被告側を代表したグラブベトナムは、ベトナム人に最大の利益を提供するために、ビナサンをはじめ他の伝統的なタクシー業者と対立せず、協力していきたい意欲を表明したことから、恐らくビナサンからの調和的な握手しかこの稀な訴訟を締めくくることができないだろう。

コメントする